冬だけじゃない!?
羽毛ふとんの種類は、3種類あるのをご存知ですか?

西川では「羽毛ふとん」「羽毛合掛けふとん」「羽毛肌掛けふとん」の3種類の羽毛ボリュームをご用意しています。
環境に応じてお選びいただけます。

  • 保温性の高い順から
  • 羽毛掛けふとん=羽毛1.2~1.3kg
  • 羽毛合掛けふとん=羽毛0.8kg
  • 羽毛肌掛けふとん=羽毛0.3kg
  • になります。
  • (シングルサイズ150×210㎝を基準)

天然の羽毛には吸湿性、放湿性が備わっています。そのためムレを感じにくいので、冬の間だけでなく、春や梅雨、秋に使用することで快適な睡眠につながります。また夏の間の冷房使用時でも、身体の冷えを防ぐために羽毛肌掛けふとんが活躍します。四季による室内の室温変化に合わせて組み合わせて調整をすることで,快適な睡眠を取ることにつながります。

「季節」で選ぶ羽毛掛けふとん

冬は一番厚い掛けふとんであったか。

春や秋には合掛けふとんがおすすめ。日によって寒暖差が激しいときや、朝晩はひんやりする季節にちょうどいい掛けふとんです。

クーラーによる体の冷えを防ぐために羽毛肌掛けふとんがおすすめ。

※ 季節に応じてタオルケットや毛布と併用し寝床内環境を調節する事で、快適に睡眠いただけます。

「住宅の環境」で選ぶ羽毛掛けふとん

冬でも「マンション」は暖かい?
暖房の乾燥、冷房の寝冷え予防ために。

「マンション」等のRC(鉄筋コンクリート)造住宅と、戸建て住宅の室温を比較すると、RC造住の方が木造よりも気密性があり、熱を逃がしにくいという特性があるとされています。また、全国の寝室1年を通して就寝中の寝室の平均室温は14℃であり、その温度を超える日がRC造住宅では70%という調査結果がでています。
また一般に、マンションの寝室の室温は、木造戸建ての室温と比べると冬でも温かい室温が保たれています。
つまり、気密性の高い住環境、室温が保たれている寝室では、(体感に個人差はありますが)合掛けふとんの方が適切の場合も考えられます。

良質な睡眠のための「ふとんの中の温度は?」

ご存知ですか?理想の「室温」と「寝床温度」

良質な睡眠をとるための室内の温度は冬場で約22℃、夏場で約25℃といわれています。そして、寝具の中(正確には、身体と寝具の間のすき間)の温度と湿度のことを、専門用語では「寝床内気象(しんしょうないきしょう)」といいます。快眠できる内気象は温度33±1℃、湿度50±5%という研究結果がでています。
(日本睡眠化学研究所)

羽毛掛けふとん「西川ダウン」のご紹介

  • 種類

    良質な睡眠を取るために

    お住まいの環境によっても選ぶ羽毛も変わります。「西川ダウン」の種類をご紹介。良質な睡眠をとるためのアドバイスも。

  • 選び方

    ダウンボールが決め手に

    羽毛にはどんな種類があるの?価格の違いはなに?キルトやふとんがわにも、とことんこだわった「西川ダウン」です。

  • お手入れ

    長く愛用いただくために

    メンテナンス次第でより長持ちします。羽毛の正しいお手入れ方法と収納方法をご紹介しています。

  • できるまで

    プラス2℃の実力

    厳しい検査基準をクリアした羽毛だけが「西川ダウン」になります。こだわりの製造工程をご紹介します。